今の金利が高いと感じるなら借り換えを

周りの人のカードローンの利用状況などは分かるものではなく、あくまで自分自身の感覚や判断によるものですが、今の借り入れ先の金利が高いと感じるのであれば借り換えを考えてみるべき時期に来ていると言えるでしょう。

 

借り換えは何も悪いことではなく、安い金利で借りられるところがあれば乗り換えるというのは当然のことです。何も高い金利のまま支払いを続ける義理は無く、同じ金額で利便性も悪くならずに低金利で借りられるところがあれば、それは借り換えを行って返済を進めやすくしたほうが良いに決まっています。

 

金利が下がり、返済にかかる利息の支払いも減れば、同じ金額での返済を進めても最終的な支払い総額は軽くなります。また、返済期間も短縮ができるため、いつまでもだらだらと借金の返済を続ける必要がなくなります。

 

なるべくなら早くに借金を支払い終えたい、多くの借金があって返済が手間に負担になっているというのであれば、まずは金利を見て借り換えを考えてみましょう。借り換えには1社同士の乗り換えと多くの借り入れをまとめるおまとめローンとしての借り方がありますが、どちらにしても今の借り入れよりも金利が軽くならないと意味が無いので、金利面に関してはシビアに見ておくべきです。

 

金利が大幅に軽くなることが期待されるのが、1社同士の借り換えではなくおまとめローンです。それぞれで細かく借りているとおまとめ後の金利負担が大幅に軽くなる可能性があるので、いくつかの借り入れを抱えてしまっている方はおまとめローン利用時の金利を借り換え前と比較をしてみると良いです。